0から始めるWord(ワード)2007

Word(ワード)2007のレイアウトメニュー

Word(ワード)2007−タブについて

文字と文字の間に一定のスペースを与えたり、行頭などを一斉に揃える方法を紹介します。

 

Word(ワード)2007−ワードアート1

ワードアートの挿入方法、レイアウトの仕方や影の掛け方について紹介しています。

 

Word(ワード)2007−縦書き文書と段組みレイアウトについて

ワードアートの挿入方法、レイアウトの仕方や影の掛け方について紹介しています。

Word(ワード)2007−ページの設定

ページに番号を入れたり、行間隔の設定、ページの途中から次ページへの作成などを紹介します。

 

Word(ワード)2007−ワードアート2

ページに番号を入れたり、行間隔の設定、ページの途中から次ページへの作成などを紹介します。

レイアウトは難しい……

こちらではレイアウトについて色々と紹介しています。

レイアウトはページの構成なのですが、これを考えるのが大変難しいです。レイアウトで一番大切なのは、「読みやすさ」だと考えています。文書を渡されたとき、大切な情報が一目で確認でき、それに付随した説明や解説が直感的にわかる位置にまとめられていると、大変好感の持てる文書となると思います。しかし、人が読みやすいレイアウトを身につけるには一朝一夕では、難しいと思います。何枚も文書を作成し、人に見てもらって、指摘を受け、その積み重ねが、よいレイアウトを生み出せるようになるのではないでしょうか。

かくゆう私も、Word文書のみならず、Webレイアウトすらまだまだなわけです。もっと勉強しなければと思いながらも、我ながらセンスがないのでは……と何度も挫折しそうになりそうなのを踏ん張って続けているような感じです。「匍匐(ほふく)前進でもいい、前に進むことが大切」という言葉をある先輩から聞いて衝撃を受けました。諦めないで続けることが良いレイアウトを作り出すコツだと思っています。

▲上へ